メインコンテンツセクションに行く
アンカーポイント
アンカーポイント

東石漁人埠頭

アンカーポイント

漁人埠頭の多元的な企画、面白く遊ぶ漁港の良い景色!

明清の時期から、東石漁港は台湾西部の重要な漁船の出入港であって、初期の段階で漁獲量が非常に多く、台湾全体に各式の海産物を供給し、近年、港の内に沈泥堆積現象が生じて次第に観光漁港の形に変わってきました。東石漁港は嘉義県東石郷の東石村、朴子溪の海の河口に位置し、新しい漁港地区内で魚人埠頭施設が建設され、旧港は新港から約1.5キロメートル離れており、魚人埠頭は現在すでに近くの村の人が散歩しながら海の景色を見る場所となりました。


毎日の午後2時から当日の漁獲の競り売りが始まる市場から、生産販売センターを通過し、ずっと海岸堤防の木の桟道まで延伸し、すべては東石漁港において人に驚喜させる変化であり、なかんずく特別設けた臨海観光レジャー区では、細長い形の散歩桟道は気の向くままに台湾海峡の雄壮で美しいことを見ることができて、たまには漁いかだが通過し、最もすばらしい漁郷の景色となり、木の桟道の上でレジャー椅子が設置され、恋愛中のカップルはよくここに来て、空いっぱいの色のきれいな夕焼け雲と夕日が西に沈むなかで、親密に内緒話をしたりします。ここも自ずと親子が戯れる良い場所です。


この臨海地域におけるレジャーパークには親水地区が建設され、それは最も子供に好かれ、更にすばらしいことに芸術家の名人を通じて彫刻されるので、園区内で生き生きとしている漁師の仕事ぶりが展示され、網の片付けや縄の引き延ばしで動感が溢れており、とてもすばらしい見所です。

美食の部分についてはそばに建てられた精巧で美しいカフェに任せます!この設計感覚のすばらしい、美味しいカフェは透明なガラスの丸天井の建築材料を採用して、巧みに光線を喫茶店の椅子に照らし、屋外にいなくても穏やかな日光を感じることができます。

東石漁人埠頭は「風」、「日光」、「魚」、「船」、「海洋」及び「灯台」などの元素で企画が行われ、多重の海洋の姿を現し、漁人埠頭のイメージとオランダ風味の入り口としてのイメージを作り直します。

東石漁人埠頭は更に新鮮な漁業製品と夕日の美しい景色などの資源を観光のセールスポイントとして、港区の景観、文化特色、レジャー・娯楽および自然生態の資源などにより、特有なテーマのイメージを作り出し、特色あるテーマを備える観光拠点を作り出し、地方経済を繁栄させます。

現在東石漁人埠頭のメイン施設は海洋文化会館、おみやげ館、商店街、浮き橋の市場、海岸における散歩場所などが含まれており、また漁港機能を統合し、多元的なサービスを提供します。

観光スポット情報

住所
台湾嘉義県東石郷彩霞大道420號
電話
+886-5-3621855
ファクス
+886-5-730473
営業時間

交通情報

関連写真

ページの先頭に戻る