メインコンテンツセクションに行く
アンカーポイント
アンカーポイント

井仔脚瓦盤塩田

スポット攻略法

伝統的な天日干し、天秤棒担ぎ、収穫の楽しみを体験

雲嘉南エリアで人気の夕日観賞スポット

園内すべて入場無料

塩で作った素晴らしいお土産を買いましょう

アンカーポイント

井仔脚瓦盤塩田は北門に初めて作られた塩田で、現存する最古の瓦盤塩田跡地です。もともとは清朝時代の瀬東塩場で、1818年に移転され、この地に落ち着きました。この地に残る台湾最古の塩田で、これまでに200年近くの歴史があります。

史書には、鄭氏諮議軍の陳永華が、当時の原住民による製塩技術が未熟なために塩に苦みがあると考え、製塩方法の改革を行ったと記載されています。海辺に築いた塩田の上に割れた瓦を敷き、結晶池まで水を引き、天日で乾かして瓦の上に塩の結晶を作ることで、人工的な塩づくりのプロセスが進歩しました。

厚さ約6mmの瓦で敷き詰められた塩田は、モザイクコラージュのような美しいアートになっています。天日干し塩業文化の精神を伝承する塩田を蘇らせ、「井仔脚」の特別な天日干しの風景を北門永華里の海岸に保存しています。現在、雲嘉南浜海国家風景区における最も特徴的な観光塩田となっています。ここでは、住民たちがもつ共通の思い出に思いを寄せ、伝統的な天日干し、天秤棒担ぎ、収穫の楽しみを体験し、台湾の製塩史におけるさまざまな出来事を深く理解することができます。親子でじっくり旅行するのに最適な観光スポットです。

 

 

観光スポット情報
住所
台湾台南市北門区永華里井仔腳
電話
+886-6-7861629
公式サイト
公式サイト
Facebookページ
Facebookページ
営業時間
交通情報
お選びになった出発点に応じて適した交通手段を選択します
ファイルチェックサム(SHA1)
関連写真
ページの先頭に戻る