メインコンテンツセクションに行く
アンカーポイント
雲嘉南

雲嘉南(雲林・嘉義・台南)での遊び方!台湾沿海の文化と絶景を一緒に探索

雲嘉南浜海国家風景区は、雲林県、嘉義県、台南市の3つの都市にまたがり、延々と続く砂浜風景のほか、豊饒な農業・漁業の養殖、長い歴史のある寺廟や古跡、独特な塩田の景色、渡り鳥の生育と自然生態の湿地景観など、いたる所に沿海風情があふれています。また、他の場所とは一味異なるグルメや食べ物も多く、驚きの連続です。それでは、雲嘉南での遊び方について、詳しくご紹介します。

必見:

沙洲 潟湖 塩田 湿地 寺廟 野鳥観賞 地元のお祭り

アクセス

アクセス

他県から雲嘉南(雲林・嘉義・台南)へ

台湾についてから雲嘉南(雲林・嘉義・台南)観光に行く場合は、台鉄または高鉄(高速鉄道)が一番便利な方法です。

詳しい情報は、 雲嘉南(雲林・嘉義・台南)への行き方をご覧ください。

雲林・嘉義・台南(雲嘉南)に着いたら

レンタカーで(お薦め)

雲嘉南浜海風景区は海沿いのため、交通手段があまりありません。塩田、湿地野鳥観賞、漁港での海鮮グルメを楽しみたい方は、雲林や嘉義高速鉄道駅または台南市中心街からレンタカーで行くことをお薦めします。

台湾好行で

台湾好行は、各地の観光地巡り専用の路線バスです。現在、雲嘉南浜海風景区には2本の路線で走っています。詳しい情報は、 台湾好行をご覧ください。

必見のお祭り

衝水路、迎客王

衝水路、迎客王

1年に一度の「衝水路、迎客王」のお祭りは、嘉義新塭の人々が150年以上もの間続けてきた伝統風習です。「衝水路、迎客王(水路に入り、客王をお迎えする)」の儀式は、3日間行われます。1日目の盛大な練り歩き儀式では、近隣の廟の主神が集まり、お祝いします。2日目は、多くの信者たちが神輿を担いで王船埠頭から入水して客王を出迎え嘉応廟にお迎えし、3日目の夜7~8時に静かに客王の御帰りを見送ります。とても特別なお祭りで、台湾の他の場所では見ることができないため、旅行の特別な想い出となることでしょう。

注意:3日目夜の客王のお見送りでは、一切の撮影が禁じられています。

場所:嘉義県布袋鎮新塭嘉応廟

開催期間:旧暦3月26日から3月28日(毎年4、5月頃)開催

口湖牽水(車蔵)文化祭

口湖牽水(車蔵)文化祭

1845年の金湖区大津波と疫病の大発生で被害にあった人々を供養するため、毎年旧暦6月に「口湖牽水(車蔵)」と「状法会」を開催し、県外に出ている人たちも地元民も故郷に戻ってこの祭典に参加します。これまでに100年以上の歴史があり、雲林のとても大切なお祭りとなっています。この期間中は、放水灯、牽水(車蔵)、万人塚の点灯祈祷など、盛大な儀式があり、訪れた人々も地元の歴史と信仰を深く体験することができます。

場所:雲林県金湖万善爺廟

開催期間:旧暦6月(毎年7、8月)頃開催

七股海鮮節

七股海鮮節

狩り、潟湖観賞、魚市場巡り、潮風の中での音楽鑑賞など、昔ながらの漁村文化を観光に組み込んだ、ここでしか味わえない七股七宝海鮮料理等の楽しみ方のほか、千人潟湖潮干狩りの特別な風景など、見逃せない体験ばかりです。

場所:台南市七股区

開催期間:毎年7、8月頃開催

鯤鯓王平安塩祭り

鯤鯓王平安塩祭り

伝統の製塩業と王爺信仰が融合した鯤鯓王平安塩祭りは、毎年10、11月に開催される一連のイベントで、台湾の王爺廟総本山である「南鯤鯓代天府」にて開催される祈祷式典です。陣頭(伝統武芸)、千人塩運びイベントなどもあり、かつての塩輸送を体験することができます。また、イベント期間中は、「平安塩袋」を住民や参加客に限定配布。この美しい平安塩袋は毎年図柄が変わるため、無病息災のお守りとしてだけでなく、コレクションにも最適です。

場所:台南市北門区南鯤鯓代天府

開催期間:毎年10、11月頃開催

おすすめのお土産

からすみ

からすみ

朱色のからすみを炭火でじっくりと焼き、ニンニクの芽と大根の薄切りを添えれば、台湾の宴席に並ぶ伝統的な高級料理です。雲林の旅行に来たら、磯の味わいが印象深い特別なからすみを味わってみてください。

台湾特有二層塩

台湾特有二層塩

「井仔脚瓦盤塩田」の上層から取られた二層塩は、細かな結晶がさらりとしているため、普通の塩に比べて口当たりが柔らかく甘みがあります。気候の影響を受けるため、量産ができない高級調味料です。塩田の故郷にきたら、ぜひ入手してほしい逸品です。

塩滷手作り豆腐キット

塩滷手作り豆腐キット

七股塩山限定の手作り豆腐キットの型は、台湾の木彫り師の手作業による、釘を1本も使わない組木によるもので、品質は保証済み。手作り豆腐は、とても簡単にできて、外では食べられない純粋な味わいです。

ごぼう茶

ごぼう茶

台湾の新鮮な黄金色のごぼうで作られ、通常2月~4、5月初め頃に収穫されます。豊富な栄養素が含まれ、爽やかな口当たりと豊かな風味で、雲林・嘉義・台南に来たら購入必須のお土産です。

熟成黒ニンニク

熟成黒ニンニク

雲林産の上等な白ニンニクを45日間熟成発酵させました。果物のようにそのまま食べたり、料理に入れたり。辛味もニンニク臭もなく、甘酸っぱさが広がります。一口食べればきっとニンニクへの考え方が変わることでしょう。

魚酥、魚鬆(魚肉でんぶ)

魚酥、魚鬆(魚肉でんぶ)

雲林・嘉義・台南の沿海で取れる新鮮なサバヒーから手間暇かけて作られた魚酥(つみれのサクサク揚げ)や魚鬆(魚肉でんぶ)は、食べると香り豊かで海鮮の甘みが広がります。南部の雑炊や肉燥飯(肉そぼろかけご飯)なども定番で、南部の旅行では必ず買って帰るお土産の一つです。

ページの先頭に戻る