メインコンテンツセクションに行く
アンカーポイント
アンカーポイント

椬梧陳家大姉大腸包小腸

店舗情報

電話
+886-929-350109
住所
台湾雲林県口湖郷梧南村文光路38号
営業時間
14:00 - 18:00
(火曜日定休)
アンカーポイント
「陳家大姉大腸包小腸」は比較的最近になってオープンしたお店ですが、すでに多くの人に知られています。米腸(もち米の腸詰め)や香腸(台湾風ソーセージ)はすべて手作りで、材料も良質なものを使い、味も本格的。誰もが大絶賛のお店です。

大腸包小腸(もち米の腸詰めで台湾風ソーセージを挟んだもの)は、米腸と香腸の2つを使います。米腸の作り方は、もち米を水に2時間浸し、水を切っておきます。ラード、エシャロット、小エビを鍋で炒めて香りを出した後、もち米を入れて混ぜ合わせます。それから、手作業で豚の腸に詰め、鍋で火を通し、冷まします。香腸の作り方は、まず豚肉をひき肉にし、香辛料と調味料を加え混ぜ合わせます。それを機械を使って豚の腸に詰めたのち、乾燥させます。米腸はその日の朝に作ります。香腸は数日前に作ってくと、十分に乾燥させることができます。

売り場の屋台の準備を整え、米腸と香腸を炭火で焼いて火を通しておきます。お客さんの注文を受けてから米腸を半分に切れ目を入れ、たれ、ニンニク、漬物を挟みます。最後に香腸を挟んで袋に入れます。

大腸包小腸のほかに、自家製の鹹豬肉(味付け豚バラ焼き)も販売しています。作り方は、まずコショウ、塩、香辛料を豚バラ肉に塗り込み、その後冷蔵庫に3~4日入れて味をなじませます。売り場では、炭火であらかじめ火を通しておきます。お客さんの注文を受けてから切り分け、再度コンロで焼いた後、玉ネギ、ニンニク、漬物を添えてお出しします。

交通情報

サービス施設

  • レストラン

関連写真

ページの先頭に戻る