メインコンテンツセクションに行く
アンカーポイント
アンカーポイント

黒皮酥皮肉圓

店舗情報
電話
+886-918-899669
住所
台湾嘉義県布袋鎮中山路43号
営業時間
月曜日 14:00 - 18:00
火曜日 14:00 - 18:00
水曜日 14:00 - 18:00
木曜日 14:00 - 18:00
金曜日 14:00 - 18:00
土曜日 11:00 - 19:00
日曜日 11:00 - 19:00
アンカーポイント
お菓子や屋台料理を食べるときにお箸や竹串などを使いますが、「黒皮酥皮肉圓」で肉圓を食べるときにはナイフとフォークで食べなければなりません。台湾の屋台料理を西洋式にナイフとフォークで食べるというこの新しい食べ方。実は餡の具材や作り方にも昔ながらの肉圓との違いがあり、創作意欲満載のお店です。

黒皮酥皮肉圓の餡には、豚足の前足部分、貝柱、エビ、タロイモ、シイタケ、煮卵、鶏の細切り肉など7種が入っています。衣には、サツマイモ粉と米粉を使います。作り方は、アイスクリームディッシャーを持ち、内側にサツマイモ粉の生地を塗ります。そこに豚足、貝柱、エビ、タロイモ、シイタケ、煮卵、鶏の細切り肉など7種の具材をよそっていきます。アイスクリームディッシャーから出して球状の表面に再度サツマイモ粉の生地を塗り、蒸し上がったら、一度置いておきます。注文を受けてから米粉の生地を塗り、肉圓が膨らむまで油で揚げます。黄金色になったらすくい上げ、お皿に盛り、お客さんのもとへお出しします。

たくさんの食材を使い、複雑な作り方をしてはいますが、昔ながらの肉圓をもとに、創意工夫が加えられています。雲嘉南浜海国家風景区管理処と嘉義県による地場食材推進活動が行われた際、昔ながらの肉圓に魚介を加えたサクサクの衣の肉圓を開発し、すぐに大人気となりました。現在に至るまで交通部観光局などから数十の賞を獲得し、60余りのテレビ番組やマスコミから取材を受けています。

酥皮肉圓は分店を持たず、台湾でここにしかないお店。たくさんの食材と様々な味わいを幾重にも重ねた深い味わいで、大満腹になること間違いないでしょう。
交通情報
お選びになった出発点に応じて適した交通手段を選択します
サービス施設
  • レストラン
ファイルチェックサム(SHA1)
関連写真
ページの先頭に戻る