メインコンテンツセクションに行く
アンカーポイント
アンカーポイント

永吉蔡家古早味蚵嗲

店舗情報
電話
+886-927-475698
住所
台湾台南市七股区永吉里1-1号
営業時間
09:30 - 17:30
アンカーポイント
「蔡家古早味蚵嗲」では、大豆粉、小麦粉、てんぷら粉、上新粉で衣を作り、具材はキャベツ、ニラ、セロリ、漬物です。「古早味」は「昔ながらの味」という意味で、昔ながらの漬物を使っていることから、この店名がつけられました。

蚵仔麺線(牡蠣入り麺)も看板メニューで、手作り麺、エシャロット、ニラの花、ごま油、牡蠣で作ります。まずサバヒーの骨と豚骨をじっくり煮込んで出汁を取り、麺は茹ででお碗に盛っておきます。出汁を小鍋で煮立たせたら、エシャロットとニラの花、牡蠣を入れて煮込みます。火が通ったら火を止め、煮込んだものを麺にかけ、ごま油を垂らしたら完成です。

蚵嗲や蚵仔麺線のほか、虱目魚肚湯(サバヒースープ)や虱目魚皮湯(サバヒーの皮を使ったスープ)、虱目魚香腸(サバヒーソーセージ)も販売。ハマグリの養殖の際は、冬に養殖池に繁殖する苔に覆われて窒息死してしまうのを防ぐため、必ずサバヒーと一緒に養殖しています。同店でもサバヒーを養殖しているため、その新鮮さは折り紙付きです。

サバヒーソーセージは、サバヒーと豚肉を7:3の割合で調合して作製。低温の油できつね色になるまでゆっくりと揚げたら完成です。カットして提供することも可能。ニンニクと一緒に食べると、違う風味を楽しめますので、ぜひお試しください。
交通情報
お選びになった出発点に応じて適した交通手段を選択します
サービス施設
  • レストラン
ファイルチェックサム(SHA1)
関連写真
ページの先頭に戻る