メインコンテンツセクションに行く
アンカーポイント
アンカーポイント

萡子寮「喔熊芸術村(Oh! Bear芸術村)」

玩賞攻略

台湾初の双面3D壁画が萡子寮にあります

地面の足跡の絵に沿って歩けば、22点の絵を見つけることができます

「喔熊芸術村」には専用の駐車場があります

駐車場の横には超立体的な沈み彫りの温府千歳さまがいます

アンカーポイント

萡子寮普天宮を中心とした小さな漁村に芸術家を招き、創作活動をしています。ユニークな手法で東洋の中国神話を再解釈し、現地の廟に伝わる色彩を組み合わせ、四湖で最も有名な海清宮包公廟の包青天、盤古開天、牛郎織女など、神話に出てくるお馴染みの登場人物をテーマに描かれています。全長1kmを超える面白い作品が萡子寮にさらに活力をあたえています。

2018年、アート作品に現地の特産品の要素を加えるほか、観光局のマスコットキャラクター「喔熊組長(Oh! Bear)」も創作テーマに加わり、4D立体オブジェや台湾唯一の「双面画(別の方向から見ると違った絵が見える)」による「喔熊(Oh! Bear)芸術村」を作り出しました。芸術村全体に活気と面白さが加わり、国内外からの注目を集め、旅行者に人気の写真撮影スポットになっています。

 

観光スポット情報
住所
台湾雲林県四湖郷
Facebookページ
Facebookページ
営業時間
交通情報
お選びになった出発点に応じて適した交通手段を選択します
サービス施設
  • 駐車場
ファイルチェックサム(SHA1)
関連写真
ページの先頭に戻る