メインコンテンツセクションに行く
アンカーポイント
アンカーポイント

金湖レジャー農業区

アンカーポイント

自転車で金湖を巡り漁業の里の風情に浸る

下湖港は金湖港とも呼ばれ、かつては雲林県でも有数の商業港としてにぎわいました。「金湖」の名の由来は「嘉慶君遊台湾、避風入港賜名」と伝わるためです。清代嘉慶年間、仁宗嘉慶帝は習俗と地理を視察するため台湾を訪れました。下湖港を通った際、ちょうど波風が高かったため、風を避けようと「樹苓湖」に入ったところ、水面が鏡のごとく静かだったため、天然の風待ち港だと喜び、「金湖」と名付けたと伝わります。台湾の中華民国復帰後、嘉義県には新港鄉が設置されたため、この地の新港は港東村と港西村を金湖に改称しました。

「金湖レジャー農業区」はこの地の多様な農業/漁業産業と豊かな自然の生態を生かそうと、設立されました。「金湖レジャー農業区」は台17省道の東西両側にあり、この地方の大切な宗教施設「万善爺廟」を中心に外部へと広がっています。口湖鄉の農/漁業特産品、景観資源、生態資源、文化資源をつなぎ、区内の自転車道も使って、豊かな自然の景観と多様な地区の産業を見て回ることができます。

観光スポット情報

住所
台湾雲林県口湖郷崇文路二段402巷50号
電話
+886-5-7895475
ファクス
+886-5-7983953
営業時間
全年皆可,上午8:00到下午17:00

交通情報

関連写真

ページの先頭に戻る