メインコンテンツセクションに行く
アンカーポイント
アンカーポイント

四草野生動物保護区

アンカーポイント

特殊な生態環境を有する四草は台湾四大湿地の一つに数えられます。総面積は約515haで、水鳥に豊かな餌場を提供しています。付近に生息する鳥類は160種以上が確認され、内、渡り鳥が75%を占めます。中でも、クロツラヘラサギ、セイタカシギ、ソリハシセイタカシギ等21種が絶滅危惧種、希少鳥類です。

9、10月は塩田の水が抜かれ、水深が浅くなり、鳥たちには餌探しに便利な季節です。そのため、9~11月には每年大量の水鳥がここに集まり、渡り鳥を観察するには絶好の季節です。10月10日前後にはクロツラヘラサギの数がピークを迎え、翌年の3〜5月頃、渡り鳥たちは北の生息地、または繁殖地へと帰っていきます。5~6月はセイタカシギがここで盛んに繁殖活動を行います。

四草で最も重要な景観-湿地はたくさんの動植物が暮らす命のゆりかごです。ここにはマングローブの林が広がり、トビハゼ、塩水ティラピアなどの魚類、シオマネキなどの甲殻類、多種の貝類が多彩な生態を見せてくれます。

観光スポット情報

住所
台湾台南市安南区四草大道
電話
+886-6-3910000(台江国家公園管理処)
営業時間

交通情報

サービス施設

  • 展望台

関連写真

ページの先頭に戻る