メインコンテンツセクションに行く
アンカーポイント
アンカーポイント

朴子市刺繡文化館

アンカーポイント

「刺繡文化館」の建物はかつての「塩館」でした。清代には塩業帰官が、日本統治時代には地方の名士が塩の販売業務を委託されていたため、辜尚賢氏がここに「塩館」を設置しました。後にこの日本式建築は「船舶大隊」の所在地となりました。

刺繍が盛んだった朴子ですが、時代の変遷に従い、現在は宗教刺繡品を主とする刺繡工場が数軒残っているだけです。この地の刺繡産業を残すため、朴子市公所は「朴子刺繡文化館」を設置し、日本式の木造家屋を文化の展示普及センターにリノベーションし、貴重な刺繡コレクションを展示しています。

文化館内では三種の手作り体験教室が開催されており、個人なら予約なしで体験することができます。団体客は事前にご予約ください。無料のレンタル自転車も設置されており、付近の「配天宮」、「第一市場」、「第二市場」を合わせて訪れれば、地元のB級グルメを楽しむこともできます。

観光スポット情報

住所
台湾嘉義県朴子市文明路10号
電話
+886-5-3660985
ファクス
+886-5-3660384
営業時間
入場券/料金
免費參觀

交通情報

関連写真

ページの先頭に戻る