メインコンテンツセクションに行く
アンカーポイント
アンカーポイント

洪通故居

アンカーポイント

北門区鯤江里にある新厝仔は「東洋のピカソ」と呼ばれるアマチュア画家-洪通の旧居です。文盲で、絵について誰かに師事したこともなかった洪通ですが、五十歲で突然絵を描き始めました。神秘的な文字画と豊富な色彩、魑魅魍魎を思わせる画風で知られています。若い頃の童乩(台湾のシャーマン)としての経験、民間信仰、生活体験が彼の絵には深い影響を及ぼしており、制作時には宗教的な催眠状態に入ったと言われています。その作品は情熱的でエネルギッシュ、神秘的で宗教的です。洪通の作品には象形文字や道教符籙のような図柄が見られ、台湾の人々にとってなじみ深さを感じさせます。抽象的でメルヘンチックでもある画風、大胆な色使いは、内外で注目され、蒋経国元総統の訪問を受けたこともあります。

観光スポット情報

住所
台湾台南市北門区鯤江里1003-1号
電話
+886-6-7861000
ファクス
+886-6-7861212
営業時間
每日06:00~17:30

交通情報

関連写真

ページの先頭に戻る