メインコンテンツセクションに行く
アンカーポイント
アンカーポイント

布袋塩田(布袋塩山)

アンカーポイント

布袋塩田 
製塩業栄枯盛衰の証 
海岸沿いの東石、布袋、義竹の3つの郷と鎮に跨り、面積が2千ヘクタールにも達する布袋塩場は、北から南まで設けられた6つの事務所により10ヶ所の生産区が管理されています。かつて繁栄した製塩業は、機械化と民営化により衰退しましたが、布袋塩場に残った布袋塩山と布袋嘴文化協会主催の塩田体験区を参観すると、製塩業の栄枯盛衰の様が実感できます。 

布袋塩山 
輝かしい最盛期の物語 
台塩により台17線省道から布袋港への入口に盛られた白い小さな山は、静かに布袋二百年以上の塩田の歴史を物語っています。塩山と側らにある台塩販売店は、観光やひと休みの場所として旅行者に人気で、休日になると、一家揃って塩山の前で記念撮影をする幸せそうな光景が見られます。 

TIPS:台塩驛站 
台塩社が昔の布袋塩場事務所を改造して展示販売空間にしました。室内では台塩の製品を販売するほか、レジャー区、飲食区、昔の写真展示区、レンタサイクルコーナーもあり、布袋を訪れる人にとってよい休憩所となっています。

観光スポット情報

住所
台湾嘉義県布袋鎮新厝仔13號
電話
+886-5-3473380
ファクス
+886-5-3472124
営業時間

交通情報

関連写真

ページの先頭に戻る