メインコンテンツセクションに行く
アンカーポイント
アンカーポイント

鰲鼓湿地

玩賞攻略

100種以上の鳥、渡り鳥がこの地に生息しています

観海楼からは湿地の美しい景色を360度見渡せます

ティーツリー通り、モクマオウ通り、観海楼が園内の人気スポットです

アンカーポイント

鰲鼓湿地はもともと台糖公司が東石に作った防風林帯で、北港渓と六脚大排の二渓流の合流地点にあります。荒廃農地、養殖池、農業開墾区、モクマオウ林もあり、その多様な生態環境と生息地が動植物にとって最高の生存環境となり、非常に豊かな湿地の生態が促進されています。

2009年に「嘉義県鰲鼓野生動物重要生息環境」が正式に発表され、台湾最大の埋立地になりました。その暖かさと多様な生態資源により、毎年200種以上の鳥類がここに生息するようになり、国内外の愛鳥家から注目されています。林務局が中山大学に計画を委託した「鰲鼓湿地森林園区」は、その景観の計画に際し、世界の渡り鳥のルートなどのテーマが全面的に議論されており、2011年に「アメリカランドスケープアーキテクト協会」の分析・計画分野のプロ部門で最優秀賞を受賞しました。

現在、園内ではコウノトリ、ナベコウ、クロツラヘラサギ、カラシラサギ、ツミ、アカハラダカなどの鳥類が保護されています。冬は渡り鳥の数や種類が増え、生態学的な価値が非常に高いバードウォッチングの楽園および環境教育の場になります。

観光スポット情報
住所
台湾嘉義県東石郷鰲鼓村西方(四鼓コミュニティ)
電話
+886-5-3601801
ファクス
+886-5-3602403
公式サイト
公式サイト
Facebookページ
Facebookページ
営業時間
00:00~24:00
交通情報
お選びになった出発点に応じて適した交通手段を選択します
ファイルチェックサム(SHA1)
関連写真
ページの先頭に戻る