メインコンテンツセクションに行く
アンカーポイント
アンカーポイント

貞愛親王殿下に上陸記念碑

アンカーポイント

日本軍台湾占領の証 
日本の皇族である伏見宮貞愛親王が西暦1895年に日本軍を率いて布袋嘴に上陸し、激戦を繰り広げた歴史を記念して、西暦1923年に上陸地の現在の布袋後寮路嘉応廟付近に天然石を使用して高さ4mの記念碑が建てられました。この記念碑は台湾復権後に土中に埋められましたが、2002年に掘り出された後、2007年に嘉義県の県定古跡に指定されました。

観光スポット情報
住所
台湾嘉義県布袋鎮岑海里入船路8號旁
電話
+886-5-3628123
営業時間
00:00~24:00
交通情報
お選びになった出発点に応じて適した交通手段を選択します
ファイルチェックサム(SHA1)
関連写真
ページの先頭に戻る