メインコンテンツセクションに行く
アンカーポイント
アンカーポイント

双春浜海生態教育園区

アンカーポイント

エリア内にはマングロ-プ観測エリアが企画され、台湾でも珍しい四種の原生マングロ-プを網羅し、よく見かけるのはヒルギダマシ、メヒルギ、ほかの二種類はアカバナヒルギモドキ、ヤエヤマヒルギ(別名五梨高)です。なぜ双春と名づけたのかといいますと、以前ここには漁場養殖が主で、当地は永春と呼ばれ、後に養殖面積が増大し、内、外永春に分かれたので、双春になったのです。 
エリアの開発は民国80年から始められ、マングロ-プ観測エリアのほかに、ビ-チエリアが設けられ、観客に水浴などの遊びを提供し、バ-ベキュ-エリアではピクニックの体験が味わえます。全体のエリアのスペ-スは左右方向に細長く伸び、大門を入るとすぐにダイニングエリアが見られ、ほとんどの観客がしばらくここで休み、ついでに間近のマングロ-プの景色や湿地動物を観察します。園地では特にマングロ-プと防風林の間に南北方向の二筋の桟道が設けられてあり、観客に身近で湿地生態が観察できるようにしております。それらはヴァイオリニストカニ、ムツゴロウなどで、水鳥にいたってはもっとも魅力的な景観です。

観光スポット情報

住所
台湾台南市北門区雙春里雙春73-10號
電話
+886-6-6322231
ファクス
+886-6-6329247
営業時間

交通情報

関連写真

ページの先頭に戻る