メインコンテンツセクションに行く
アンカーポイント
アンカーポイント

六孔埠頭

アンカーポイント

六孔埠頭で竹いかだに乗って、潟湖を心ゆくまで遊覧します

潟湖と更に親しくしたいですか?観光いかだに乗るのはここ数年来七股で最も人気のある観光方法であり、六孔埠頭は竹いかだに乗って潟湖の小さい埠頭を遊覧するように観光客に提供し、ゴム製のいかだに乗って潟湖を遊覧する(適切な潮汐時間は船主あるいは民宿に問合わせることができる)ことができるだけではなく、道中で牡蠣棚、定置網漁を見学したり、砂浜を歩いたりして、天気が晴れる場合に、更に潟湖の夕日の美しいさを鑑賞することができ、もし親切な観光いかだの船長に合えば、船上で牡蠣、虱目魚を焼いたりしてそれを観光客に味わせることができます。
潟湖の上で牡蠣棚と竹竿で囲まれた漁場がいっぱいで、漁民たちは観光いかだを操作してその中を漫遊し、車を運転するかのように自由自在です。幾列にも並んだ竹竿、柵はすべて同じであるが、漁民は誰の家の漁場であるかははっきり知っています。漁民は時には定置網漁をどのように操作するかを、その場で模範を示します。
この水域の中で頻繁に往来し、低いカキ養殖用施設全体がよく見られ、水の流れが安定し海水が清潔なため、それにより育まれたカキは現地で最も有名な特産物だと言うことができ、潟湖の中では牡蠣を採取する情景がよく見られ、釣り客は悠々として釣りをする情景もあります。 
観光いかだを利用して約20分で砂州に到着し、角目砂蟹、シオマネキのほか、両側の大きな塊の木の麻黄の防風林は白いサギの最愛の生息地であり、たまには白いサギなどの幾種類かの渡り鳥の鳥の巣を見当たることができ、さらに飢えている幼い鳥が夕方頃に巣に帰る光景が見られます。

観光スポット情報

住所
台湾台南市七股区三股里海埔18號
電話
+886-6-284260
営業時間
00:00~24:00

交通情報

関連写真

ページの先頭に戻る