メインコンテンツセクションに行く
アンカーポイント
アンカーポイント

船仔頭ㄟ厝民宿(好客民宿)

店舗情報

電話
+886-5-3708078
ファクス
+886-5-3661670
住所
台湾嘉義県東石郷蔦松村15鄰船仔頭22-3号
営業時間
公式サイト
公式サイト
マーク認定
みん‐しゅく
アンカーポイント

船仔頭ㄟ厝は散庄(村が散らばってること)の朴子谷川河畔の船仔頭団地に近接し、民國92年に県長の陳明文さんが観光牛車を操ってここに看板をかけられました。船仔頭の若者が厳重に外流することによって、村には百人近い老若の婦女子が家庭を守っているだけです。けれども文建会と嘉義県政府が民國85年に、こちらで全国文芸節句を開催し、「船仔頭の呼びかけ」をもって新故鄉運動のテ-マとなし、村の人々が船仔頭芸術村文教基金会を成立させ,団地総体が朴子谷川の関心と再造に尽力し、蔡振成、蔡伯扶ご兄弟が率先して帰郷、壊れかけた古家に新しい二棟の独立家屋を立て、蔡振成、朱月桂ご夫婦も嘉義県の観光とことん政策に協力して、嘉義県初の合法民宿のライセンスを獲得しました。 船仔頭には蔡振成さんの童年の田園生活の素敵な思い出があり、彼は熱心に民宿を経営するほかに、朴子溪の堤防の上の自転車道とドラゴンボ-トのイベントを組み合わせ、観光客と船仔頭の田園生活を分かち合うことを心願とし、門聯(門の両側に張っている縁起の詩句)の「朴子溪水直直流、船仔頭厝會出頭」(朴子溪の水は絶え間なく流れ、船仔頭厝はきっと頭角を現わす)は蔡振成ご夫婦の理想とするものです。

交通情報

関連写真

ページの先頭に戻る